人工透析で障害年金はもらえるの?

質問

人工透析で障害年金はもらえますか?

答え

はい、もらえます。

私どもがサポートした方の中から一部を例に挙げると
●南巨摩郡在住、61歳の男性
障害厚生年金2級受給
・65歳までに900万円の受給確定
●甲府市在住、52歳の女性
・障害基礎年金2級受給
・65歳までに1,050万円の受給確定
高額な援助を受けていらっしゃいます。

具体的にどんな方が障害年金をもらえるかというと

人工透析をされていると症状としては、非常に高い確率で障害年金をもらうことができます
●家庭で行なう腹膜透析、病院で行なう血液透析のどちらでも障害年金の対象となります。
それ以外にも

糖尿病になってしまった方で症状が悪くなり

●糖尿病の合併症で網膜剥離となり目が見えなくなってしまった・・・

●糖尿病の合併症で手足の切断をすることなってしまった・・・

といった形で腎機能がなくなるといった場合や

●通常の糖尿病のみだが、血糖値がコントロールできない(難しい)ために日常生活を送るのが困難・・・

といった方も、もらうことができます。


糖尿病の場合自覚症状がなく、ゆっくりゆっくり病気が進行していくので
気づいたときには思ってもいなかったような悪い状態になっていることが多いのです。

また、糖尿病の治療には非常にお金がかかるという大きな悩みもあります。

そんな悩みを解決してくれるのが障害年金なのです。

障害年金を申請するときの注意点

障害年金申請の注意点は糖尿病から人工透析になるまでゆっくり進行していく病気なので、障害年金の申請に必要不可欠な初診日が古くなることが非常に多いことです。

初診日が古いということは、言い換えれば、証明が難しくなります。
なぜならば、カルテの保存期間は5年までと定められているからです。

そのため、障害年金を申請できるのに、初診日が証明できず、申請を諦めた・・・
という方も多くいらっしゃいます。

最近では若年性糖尿病が増えており、健康診断の血液検査の結果、それが発覚する方も多くいらっしゃいます。検診の結果は是非保管ください。後々障害年金を申請したいと思ったときに決定的な武器となるためです。
検査結果を保管していなかった・・・
そういった問題で障害年金の申請を諦める人が非常に多くいらっしゃいます。
こういった問題について当センターはこれまで障害年金専門の支援機関として
サポートを行ってきた実績により積み上げたノウハウにより初診日を証明し
障害年金の受給をサポートしてきました。

初診日がとれないために、障害年金を申請するのを諦めてしまったという方も
そうでない方も一度、新潟障害年金相談センターにご相談ください。

あなたが障害年金を申請する方法をあなたの立場に立って、専門家として
あらゆる角度から検討し、あなたを受給へとサポートします。

まずは無料相談にお越しください。

 

1分間相談_バナー.gif

 

障害年金Q&Aについての詳細はこちら

● 障害年金を申請したいのですが、主治医が診断書を書いてくれません。どうしたらよいですか。

● 65歳前申請ルールの例外(65歳以上でも申請できる場合とは)その2

● 65歳前申請ルールの例外(65歳以上でも申請できる場合とは)その1

● 障害年金のおすすめパンフレット

● 障害年金に伴う保険料免除の特典

● 障害年金認定について

● 障害年金の制度の全体像

● 年金未納について

● 働いていても障害年金はもらえるの?

● 初診日について①

● 初診日について②

● 着手金について

● 成功報酬について

● 追加費用について

● 障害手当金について

● 健康保険の傷病手当金と障害年金の関係について

● 障害年金の受給要件(納付要件、加入要件)を満たしていない方について

● 障害者手帳の等級と障害年金の等級について

● 特別支給の老齢厚生年金について

● 人口透析で障害年金はもらえるの?

● 障害年金の受給は会社に知られてしまいますか?

● 職場復帰の支援について

● 労働基準法について

● 臓器移植後も障害年金は貰えますか

● 障害年金について点字で書かれたものはありますか

● 障害者雇用の合理的配慮についてパンフレットはありますか

 

  • 無料相談会実施中! 055-225-2011

    専門家がお応えします。無料メール相談

    相談シートダウンロード

    コンテンツメニュー

    山梨県全域をサポート!

    事務所概要

    山梨甲府障害年金相談センター

    〒400-0041山梨県甲府市上石田2-27-20
    ソートフル石田205

    TEl:055-225-2201

    事務所概要詳細

    無料相談会実施中! 055-225-2011

    専門家がお応えします。無料メール相談