-->

代表メッセージ

当ホームページへようこそ!!

 障害年金を受給することは、老齢年金と同様に国民の権利として認められていることです。何も特別なことではありません。

ところが障害の年金制度は、老齢年金などと比べて認知度が低く、制度を知らない方も多くいます。また、制度は知っていても専門用語が難解で、複雑なため、請求手続きも非常に困難を生じます。

さらに、障害を認定する基準も多様で、あいまいなため、やみくもに手続を進めても結果として「不支給決定」となってしまい、後悔することにもなりかねません。

年金は手続きをしなければもらえません。黙っていてはもらえません。国が気を利かせて、教えてはくれないのです。

そして、少しでも早く請求されることをお薦めします。
なぜならば早く請求すればするほど、年金額が多くなる可能性が高くなるからです。

また、障害年金の申請には医師の診断書が必要ですが、請求しないで何年も過ぎてしまうと、カルテの確認ができなかったり、担当医師が変わってしまっていなかったり、さらには病院自体がなくなってしまったりと、診断書を書いてもらえないケースも多々あります。

障害年金の申請でわからないことがあったり、不安を感じることがあれば、すぐに親身になって応じてくれる専門家に、問い合わせをすることをお勧めいたします。

私は、山梨を中心に長野県、静岡県にお住まいの皆様が少しでも多くの受給資格の受給資格のある方々が、適切な障害年金を受けられるよう、全力でお手伝いいたします。

無料で相談に応じております。お気軽にお話をお聞かせ下さい。

関連するページ