-->

障害年金の受給事例

こちらでは実際に、障害年金を既に受給した方々を紹介しております。 
障害や病気によって普段の生活も困難だったなか、障害年金を受給してからは 大きく生活を変えてこられた方々の話です。

障害年金をお考えなら、当事務所にご相談ください。

障害年金の受給へ向け、全力でサポートいたします。

 

受給事例集についての詳細はこちら

● 摂食障害で障害厚生年金3級を受給できたケース

● 筋萎縮性側索硬化症(ALS)」で障害基礎年金1級を受給できたケース

「サルコイドーシス」で障害厚生年金1級を受給できたケース

●「先天性心臓弁膜症」で障害基礎年金2級を受給できたケース

●「アスペルガー症候群」で障害厚生年金2級を受給できたケース

●「進行性ニューロパシー(シャルコー・マリー・トゥース病)」で障害基礎年金2級を受給できたケース

● 「骨粗しょう症」で障害基礎年金2級を受給できたケース

● 「多発性硬化症」で障害厚生年金2級を受給できたケース

● 「悪性神経膠腫、術後高次脳機能障害」で障害厚生年金2級を受給できたケース

● 「胃悪性リンパ腫、イレウス」で障害厚生年金2級を受給できたケース

● 「糖尿病及び脳梗塞の後遺症」で障害厚生年金1級を受給できたケース

● 「脳内出血の後遺症」で障害厚生年金3級を受給できたケース

● 「自閉症スペクトラム」で障害基礎年金2級を受給できたケース

● 「卵巣がん」で障害基礎年金2級を受給できたケース

 「全身性エリテマトーデス」で障害基礎年金2級を受給できたケース

● 「統合失調症」で障害厚生年金3級を受給できたケース

● くも膜下出血に起因する認知症」で障害基礎年金1級を受給できたケース

● 末梢神経障害性疼痛で障害基礎年金2級を受給できたケース

● ギランバレー症候群で障害基礎年金2級を受給できたケース

● 大腸癌で障害厚生年金2級を受給できたケース

● 広汎性発達障害で障害厚生年金3級を受給できたケース

● 脊髄小脳変性症で障害厚生年金2級を受給できたケース

● 慢性腎不全で障害厚生年金2級を受給できたケース

● 双極性感情障害で障害厚生年金2級を受給できたケース

● 急性大動脈解離で障害厚生年金3級を受給できたケース

● 網膜分離症で障害厚生年金2級を受給できたケース

● 初診日の証明がとれなかったが状況証拠を積み重ねて高次脳機能障害で障害基礎年金1級を受給できたケース

● クッシング症候群で障害基礎年金2級を受給できたケース

● 気分変調症で障害厚生年金3級を受給できたケース

● 2つの障害を併合して1級と認定されたケース

● うっ血性心不全による請求事例

● うつ病で労災不認定後に障害厚生年金2級を受給できたケース

● うつ病で障害厚生年金3級から2級へと額改定できたケース①

● うつ病で障害厚生年金3級から2級へと額改定できたケース②

● がんによる請求事例

● てんかんで障害基礎年金1級を受給できたケース

● アルコール性肝硬変による請求事例

● パーキンソン病で障害厚生年金2級を受給できたケース

● 反復性うつ病性障害による請求事例

● 心疾患による請求事例

● 慢性腎不全による請求事例

● 精神疾患による請求事例

膠原病で厚生年金3級を受給できたケース

 

あなたが対象になる障害年金制度をご紹介します!

障害年金とは原則20~64歳で「うつ病」「統合失調症」「脳梗塞」「脳出血」「糖尿病」「がん」「人工透析」「心疾患」「人工関節」その他多数…と幅広い障害が対象。あまり知られていないために申請をせず、受け取っていない方が非常に多い制度です。
 
受給金額は最低でも年間約60万円程度、種類や症状によっては毎年200万円超受給できる方もいます。
 
山梨・甲府障害年金相談センターは障害年金“無料“相談会を定期的に開催している数少ない機関です。
 
障害年金の対象になるかどうか、どれぐらいもらえるか、具体的な申請方法などをお伝えいたします!
 
 
 

 

 

 

関連するページ