-->

くも膜下出血に起因する認知症」で障害基礎年金1級を受給できたケース

相談者:男性(50代)
傷病名:くも膜下出血に起因する認知症
決定した年金種類と等級:障害基礎年金1級 支給月から更新月までの総支給額:約288万円

相談時の状況

くも膜下出血で突然倒れて以来常時介護を受け続けており、他者との意思疎通もままならない状況だったので、自宅にて奥様から詳しい状況をヒアリングした。

依頼から請求までのサポート

受けている介護の内容と症状について奥様にメモを取ってもらい、日常生活の様子を克明に申立書に記載することに努めた。

結果

障害基礎年金1級を受給し、リハビリを少しずつできるようになっているとの報告を受けている。

 

関連記事

「1級」の解決事例