-->

末梢神経障害性疼痛で障害基礎年金2級を受給できたケース

相談者:男性(30代)
傷病名:末梢神経障害性疼痛
決定した年金種類と等級:障害基礎年金2級
支給月から更新月までの総支給額:約172万円

相談時の状況

配偶者とともに相談会に参加。車の衝突事故に端を発する障害によって労働不能となり、相手からの賠償保険金だけでは今後の生活の目途が立たないという切迫した状況で相談に訪れた。

依頼から請求までのサポート

相談から請求まで数か月を要した案件だったので、事故から今日に至るまでの症状及び生活の質の低下について相談後も追跡してヒアリングを継続した。

結果

障害基礎年金2級を受給し、現在障害者向けの仕事を始めたとの報告を受けている。

 

関連記事

「2級」の解決事例