-->

「サルコイドーシス」で障害厚生年金1級を受給できたケース

相談者:女性(40代)
傷病名:間質性肺炎を合併したサルコイドーシス
決定した年金種類と等級:障害厚生年金1級
支給月から更新月までの総支給額:約547万円

相談時の状況

肺、皮膚、関節に症状が出ていたが、特に呼吸不全が増悪し、在宅酸素吸入を行っている状況でお宅に伺って相談を受けた。

依頼から請求までのサポート

既に診断書を取っていたので拝見したところ、在宅での生活の状況が的確に記載されていなかったので、社会保険労務士としての見立てを述べ、診断書を取り直すことを勧めた。

結果

障害厚生年金1級を受給し、治療に専念している。

 

関連記事

「1級」の解決事例