-->

「胃悪性リンパ腫、イレウス」で障害厚生年金2級を受給できたケース

相談者:男性(50代)
傷病名:胃悪性リンパ腫、イレウス
決定した年金種類と等級:障害厚生年金2級 支給月から更新月までの総支給額:約438万円

相談時の状況

健康診断の再検で見つかった上記疾患でその後働けない状態となり、ご夫婦で相談に訪れた。

依頼から請求までのサポート

健康診断から相当の年月を経過していたためその結果を紛失してしまっていたので、健保組合から当時の記録を発行してもらい初診日の証拠とした。

結果

障害厚生年金2級受給を機に、治療に専念し、寛解しているとのこと。

 

関連記事

「2級」の解決事例