-->

「脳内出血の後遺症」で障害厚生年金3級を受給できたケース

相談者:男性(40代)
傷病名:脳内出血の後遺症
決定した年金種類と等級:障害厚生年金3級
支給月から更新月までの総支給額:約305万円

相談時の状況

脳内出血で倒れ、その後リハビリを行ったが、手足の障害が残り、現場職から事務職に配転され、通勤には奥様が付き添っているという状況で相談に訪れた。

依頼から請求までのサポート

ご本人がうつ状態だたため、主に奥様から、普段の生活の状況(手足の障害で身の回りの動作がどれくらいできなくなっているか)を詳しく聞き取った。

結果

障害厚生年金3級受給を機に、精神的に安定し、リハビリを再開したとの報告を受けている。

 

関連記事

「3級」の解決事例