-->

「自閉症スペクトラム」で障害基礎年金2級を受給できたケース

相談者:男性(20代)
傷病名:自閉症スペクトラム
決定した年金種類と等級:障害基礎年金2級
支給月から更新月までの総支給額:約248万円

相談時の状況

幼児期より落ち着きがなく、多動性障害及び学習障害と言われていた。成人後も突発的な事態に対応できず、障害者雇用で働いているものの、両親が将来的な所得補償を望んでいる状況だった。

依頼から請求までのサポート

出生時から現在までのライフステージ毎に当時のエピソードを可能な限り思い出してもらってからヒアリングを行った。

結果

障害基礎年金2級受給を励みに、元気に働き続けているとの報告を受けた。

 

関連記事

「2級」の解決事例