-->

2つの障害を併合して1級と認定されたケース

1.うつ病

相談者:女性(40代)/無職

傷病名:うつ病、心臓弁膜症
決定した年金種類と等級:障害厚生年金1級
支給月から更新月までの総支給額:約420万(子供の加算有り)

2.相談時の状況

心臓の数値が悪化していたので、級を上げたいと強く望んでいた。心臓の病気は先天性のものであった。

3.依頼から請求までのサポート

先天性の病気は生れてからの状況を5年刻みで申し立てすることが求められる。そこで、0歳から現在(40代)まで、ライフステージ毎にエピソードを思い出してもらうという形のヒアリング項目を設定し、生涯のストーリーを組み立て申立書でアピールした。

4.結果

障害厚生年金1級に昇格し、補償額が増加したので、精神的な安定を取り戻し、生活の
意欲が湧いてきており、将来的に就業を目指すという目標を持つに至っている。

 

関連記事

「1級」の解決事例