-->

うつ病で労災不認定後に障害厚生年金2級を受給できたケース

1.病名

うつ病

●年金種類 厚生年金
●等級 2級
●受給額 380万円

2.相談時の相談者様の状況

相談者:男性(30代)/在職中

会社の上司からのパワハラと過重労働のためうつ病となり、労災を申請したものの、業務との因果関係が認められず、休職期間満了が近づき藁にもすがる思いで相談に見えました。

3.相談から請求までのサポート

労災と障害年金とでは、認定方法も認定基準も異なることを説明。仕事と生活両面に渡る支障を詳細に聞き取り、申立書で客観的な表現に終始してアピールした。受給決定まで半年近く待たされたため、本人は不安を強く訴えたが、家族を通じて励ましながら結果の通知を待った。

4.結果

障害厚生年金2級の受給が決定。休職期間の延長も認められ、復職への準備を行っている。

 

関連記事

「2級」の解決事例