-->

アルコール性肝硬変による請求事例

1.病名

傷病名:肝硬変
決定した年金種類と等級:障害厚生年金3級
支給月から更新月までの総支給額:約400

2.相談者の状況

相談者:男性(50代)/在職中

長年の大量飲酒による高血圧のため5年前に脳出血で倒れ、一命は取り留めたものの、肝臓にも異常が見つかり医師から節制するよう指導されていた。しかし自覚症状がないため通院も怠りがちになり、症状が悪化。仕事や生活に支障をきたすようになり、肝硬変と診断された。全体に動作が緩慢で、会話中の反応も鈍いという状況だった。

3.相談者の状況依頼から請求までのサポート

在職中だったので、悪化してからの仕事への影響を中心に、事細かにヒアリング項目を設定し詳細を把握。申立書に反映した。

4.結果

障害厚生年金3級の受給が決定。安心して勤務を続けている。

 

関連記事

「3級」の解決事例