-->

膠原病で厚生年金3級を受給できたケース

1.病名

膠原病

●年金種類 障害厚生年金3級
●等級 2級
●受給額 約220万円

2.事例の方が相談前どんな状況だったか

相談者は女性(40代)/在職中

膠原病の典型的症状(息切れ、乾いた咳、全身の痛み、筋力低下)で数年間苦しんでおり、労働に制限があり経済的に困窮していた。

3.どんなサポートをしたのか

皮膚筋炎と間質性肺炎の症状が著しかったので、それぞれの症状と労働時、生活時での具体的な支障を示すエピソードを申立書でスペースを割いて訴えた。

4.結果

障害厚生年金3級を受給しながら、職場復帰プログラムをこなしている。

 

関連記事

「2級」の解決事例